授雲月 五

またまた更新が十日ぶりに成ってしまった。先週12日の水曜日、亡くなった叔父の残務整理のため東京に住む叔母のもとへ従兄弟と高速道を飛ばして車で行ってきた。郵便局やら銀行等の預金解約手続きやら区役所に提出する書類やらで、行けば5~6時間はアット謂う間に過ぎてしまう。二十日は叔父の四十九日、菩提寺での葬儀と墓への納骨もある。また来週の19日には叔母を迎えに上京しなければ。19日、叔母を迎えに上京、午前9時過ぎに着いた。待っていたのは公共料金未払い分の請求振込書と役所に提出する書類等の山。従兄弟と手分けして処理する事に成った。まだ口座引き落とし変更手続きが終わっていなかったのか?。電話は使用停止状態で使えない。ガス・電気・電話の振込をコンビニで済まし、口座のある銀行に行き、引き落とし口座の叔父から叔母の口座変更届けを行う。その後、叔父の遺産相続の件で司法書士と同銀行で会い話しを煮詰める。肉親のいないはずの叔父に甥が三人も出てきて仕舞った。叔父の残した貯金はスンナリと叔母の物には成らないらしい。総て司法書士の先生に任せる事で一応、話しは終わる。相続が完了するのは何時の事か。身障者の叔母に取っては早いに越した事はないのだが。このブログを読んでくれている方々、酷なようだが余命がない肉親が居る場合、臨終前に定期・口座預金等は解約して置くように。亡くなった途端に口座は凍結され一銭も下ろせなくなり、また予期せぬ相続人も現れる事も有るのだから。叔母の家に戻り、未払い分のガス代振込完了と引き落とし口座変更の件で東京ガスの担当者に電話を入れる。電話は振込が完了した時点で即、使えるように成っていた。数分後、先ほどの担当者から電話があり、4月28日に口座振替の手続きは完了しているとの事。恐らくゴールデンウイークのため手続きが遅れ、未払い分の請求書が送られたのではないかとの話しである。それならば他の公共料金も一枚の用紙で手続きは終わるので同じはずである。どうも銀行の外回りの担当者が手続きは済ませて暮れたらしい?。二度手間?。叔母の聞いても返事はハッキリしない。まあいいか。で済ませ従兄弟の車に叔母を乗せ一路G県T市・N村へ。昨日20日、戒名を頂き、無事葬儀・四十九日の法要と納骨も終わる。叔母もホットしたようである。ただ東京での葬儀費用、菩提寺での葬儀費用とダブルで掛かって仕舞い叔母には思わぬ出費となってしまったが、叔父が喜んでくれるのなら仕方がないかと思う次第である。叔母は昨晩も従兄弟の家に泊まる。今日この時間には東京へ戻って居るはずである。先ずは一段落。まあ一周忌頃までは何かと雑用が有ると思うのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0