新年会 演武会エトセトラ  (其の壱)

7日は東京でのB舎・師範会主催の新年会に参加のためT市から朝8時33分発の高速バスにS師範と二人乗り込みイザお江戸へ。池袋まで二時間チョットで到着。東口で下車し西口交番前広場で待ち合わせ。待っていたのは幹事のT師範と師範会長のK師範。他の方々は夜の新年会(10名程)から参加。まずはT師範の案内で古江戸見物と洒落込む。地下鉄を乗り継ぎ小伝馬町へ。ここは江戸伝馬町処刑場跡。今はビルの谷間の小ジンマリした公園となっている。江戸時代、時の鐘を伝えた鐘つき堂。幕末の志士・吉田松陰終焉を刻んだ大きな地碑。伝馬町牢屋敷の石垣等の遺跡。小さな公園だが見所は多い。見学後、また地下鉄に乗り込み上野へ。暫しアメ横散策。昼食のマグロ南蛮丼を頂き満足マンゾク。その後は上野公園から寛永寺を散策。鶯谷駅から言問通り、ついでに恐れ入りやで有名な鬼子母神を見学。夏になればこの通りは交通閉鎖され朝顔市が開かれる場所である。さて散策しながら上野駅へ。歩いた歩いた10キロ以上。万歩計は一万五千歩以上。上野丸井ビルしたの喫茶店で一休み。I師範が合流。3人が泊まるため、上野中央駅前の陸橋から反対側にある今日の宿泊予定の宿へ。この辺りは密集したビルの合間合間にホテルや旅館が点在している。一気に昭和レトロの街に迷い込む。まずは宿のチェクイン。予約では一泊個室2500円とのこと。バス・トイレは無し。チョット気味が悪いが対応に出たオバサン(女将?)と交渉。四人部屋・バストイレ付きで一人3000円の部屋に変更。小綺麗でエアコンも付いている三人で泊まるには充分である。若干高くなったが東京で3000円で泊まれる所が未だ在るとはビックリである。
集合時間には間があるのでT師範の案内で軍装品店を見学。米軍関係品・消防関係品・警察関係品エトセトラが所狭しと並んでいる。店の中をざっと見て外へ出ようとして店前で目に止まった物が在った。捕縄である。昔、昭和時代に警察官が所持していたと云う「蛇口付き捕縄」である。10組ほどのデットストック。綿縄とナイロン縄の物が有り、状態の良い綿縄三組とナイロン縄一組を購入。値段は言わぬが花。信じられないほど安い。蛇口がシッカリとしているのも有難い。ラッキーである。17時待ち合わせ前に大体参加者(9名)が揃ったので宿の近くの居酒屋・酔虎伝へ繰り出す。若干遅れてきたT・K師範に挨拶片方くだんの捕縄を見せると未だ有ると聞いてT師範と二人先ほどの店に買いに走る(目と鼻の先程の距離だが)。さて全員が揃い乾杯。武道談義に花が咲き雑談と共にアルコールも肴も大いに進む。その後は喫茶店で一休み。宿へは三人で泊まり雑談に花が咲く。翌8日は日本武道館に行く予定である。ページも埋まってしまったので続きはまた次の機会に。続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0