空手大会or演武会

9月6日(日)はT市民体育大会・空手道競技(大会?)が市内のM中学校体育館で行われた。朝早くから関係者での会場作りが行われ、9時15分に開会式。競技委員長の虎さんの挨拶から始まって、審判長S氏の試合上の注意・審判規定の説明があり試合開始となる。小学1年~6年男子の部、中学生男子の部。小学低学年・中学年・高学年・中学生女子の部の11種目が行われた。今年も一般の部は参加者が少なく遣らず終い。最後の講評をしたT先生は子供たちを明るく評価した。子供達も笑顔が溢れる。因みにD館の選手は11種目中9種目で優勝。他の子供達も頑張って多くが入賞した。よかったね。翌週9月13日(日)は東京・靖国神社古武道演武会が開催された。虎さんは午前8時54分発の高速バスで東京・池袋へ向かう。池袋東口着・午前10時。地下鉄丸の内線で大手町へ半蔵門線に乗り換え九段下駅に到着。実は虎さん集合時間に大分遅れている。靖国神社前の坂道を小走りに急ぐ。大鳥居を潜ると右参道脇は骨董市の店がイッパイに並び客でごった返している。虎さん各店舗をユックリと見たいのだが後ろ髪を引かれる思いで演武会場の能楽堂へ向かう。武者行列まで後、30分。待合室にはB舎の弟子たちが全員集合している。さあ虎さんも慌て気味に演武着に着替える。参加者全員が境内巡行の武者行列の準備がすんで整列している。法螺貝の合図で境内巡行後、お祓いを受ける。早めの昼食を済ませ、さあ演武開始である。最初は武楽座の能と古武術をミックスしたような舞から始まる。続いて柳生心眼流兵術・田宮流居合術・天神明新流柔術・正木流捕り方術・関口流抜刀術と素晴らしい演舞が続きトリはB舎の戸田流・気楽流の演武である。柔術・鉄鞭術・中段目録小太刀術・鉄扇術と続き、虎さんとK師範での隠し武器・武蔵円明流・懐剣術の演武。B舎の演武は盛大な拍手の中で無事終了。その後は能楽堂下で森重流砲術の演武が始まる。天気予報では雨模様であったが降らずにすんだ。火縄銃の轟音が鳴り響く。演武を尻目に虎さんは以前から電話では良く話をしていた初見の関口流S師範と楽しく歓談できたことが今日の一番の収穫であった。終了後、弟子たちと終い支度の始まっている骨董市を散策しながら九段下の居酒屋での直会へ向かう途中で194cm強の六尺棒を見つけツイ購入してしまう。値段も安くして頂きラッキーかな?。ホクホクしながら午後4時半頃には居酒屋へ。さあ駆けつけのビール大ジョッキ。美味いこと旨いこと。その後、田宮流居合術のN先生一行と合流。酒も進み武道談義に花も咲く。しかし虎さん高速バスの時間が迫っている。18時すぎ会場を後にする。東京のT師範が池袋まで付き合ってくれた。二人は喫茶店で出発まで時間を潰す。T師範が見送ってくれる。19時50分発の高速バスでさあ帰省。本当に充実した一日であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0