審査・講習会・武具・大会・10月のエトセトラ

今年も残す所80日余り。一年の4分の3以上が終わってしまった事になる。本当に歳を取るとあっという間に一年が過ぎてしまう。遣らなければ成らない事の多いこと。何とか仕上げなければ。さて今月上旬にはD館の昇級審査が行われた。初めての審査に望んだ初心者16人程。皆頑張った。また新たに初段が4名誕生した。目出度い事だ。8日には知り合いの骨董商K氏が来舎。鉄杖とチリン棒(鉄棒)と古木刀を持って来た。前日電話連絡があり概要は聞いていたが素晴らしい出来栄えである。特に鉄杖の出来と鉄味の良い事、一目で気に入って仕舞ったがおクビにも出さない。柄の部分は六角鼓柄造り。柄頭は両耳の鯱型で回転する。柄から下へはスーッと細くなっている。長さは170センチ強。チリン棒も170センチ強の時代鉄味抜群の出来である。是ほど長大なものは江戸時代か明治初期には夜回り(自身番)が夜な夜な町内見回りの時に引きずりながら持っていた護身用を兼ねた武具の一種で有ったろう。値段は嘘みたいに安い。電話で価格を聞いたときにエッと思った程だ。木刀も柄が一尺三~四寸程もあり刃部も長く、木鍔の付いた傷みも無い時代色豊かな樫製の物である。三点共、購入。良い買い物をしたとホクソ笑む虎さんであった。17・18日にはB舎講習会が開催される。25日にはG県Jr秋季空手道選手権大会が虎さんの地元T市で開催される。9日には11月14日に行われるD館40周年・B舎20周年記念演武会のチラシが出来上がったとの連絡が入る。弟子のM君がパソコンを駆使して制作してくれた物が出来上がったのである。素晴らしい。10日にはそのデーターで市内要所に張り出すA2版ポスター16枚をS師範が制作してくれた。感謝感激。持つべきものは良き弟子である。有難い事である。明日辺りから市内に貼りだそうと思う。演武会の詳細は後日と言うことで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0