新年会・東京観光エトセトラ  睦月(二)

20日(土)、B舎東京師範会主催の新年会兼、東京観光が開催された。虎さんとS師範の二人、高速バスで東京・池袋へ出立。午前10時半頃に池袋西口交番前でK師範・T師範と待ち合わせる。四人合流し今日の見学先「刀剣博物館」へ向かう。代々木に有った当館は墨田区の両国へ移転し1月19日に開館した。近隣には国技館・江戸東京博物館・北斎美術館が点在している。この期に新しくなった刀剣博物館と周辺を散策する予定である。両国駅に降り立ち刀剣博物館へ向かう。入り口で前乗りのI師範と合流。今回は開館記念企画展示「現代刀職展ー今に伝わる古の技」と新作名刀展・刀剣研磨外装技術発表会が同時開催された。旧安田庭園の一角に新築された三階建ての目を引く建物。その三階で展示は行われた。新作刀・研ぎ・柄巻き・鍔・羽履・鞘等の素晴らしい品々の展示。時間を忘れ見入ってしまった。ただ企画展とは別に常設展示はないのかと係に聞くと展示はここだけであるとの返事。パンフレットを見ると確かに展示室は三階に有るだけだ。勿体ない。日刀保の所蔵している刀剣類は国宝・重文・名刀等を含め相当数で有るはずだ。これだけの施設であれば常設展も是非行ってもらいたい思うのは虎さんだけであろうか。ミュージアムショップもこぢんまりしており、以前のほうが書籍・販売品も多かったと思うのだが。 ざっと見て刀の材料となる玉鋼が桐箱に納められた物を来館記念として購入。エントランスで全員で記念撮影をして両国駅前で昼食。食後、K師範は所用のためここで別れる。江戸東京博物館・北斎美術館は昨年見学し企画展もないのでスルー。四人は回向院前を通り柳橋を散策。川面には屋形船や釣り船が多く停泊している。橋の袂には有名な佃煮屋。周りはビル街。花街としての面影は何も残っていない。江戸は消えるのみか。その後、上野に。演武会会場の上野公園噴水前公園を視察。上野寛永寺の五重塔・新しくなった寛永寺を見て上野広小路へ。しばしアメ横を散策して喫茶店で一休み。午後六時新年会の為、上野駅大歩道橋の中央モニュメント前でTK師範・M師範・KN師範と娘さんと待ち合わせる。若干遅れて上野の杜・古武術演武祭の実行委員G氏と他三名も合流。連れだってG氏行きつけの広小路口近くの居酒屋へ。演武祭の打ち合わせと武道談義に酒席は賑わい夜は更ける。午後10時、酒席は終わり皆帰路へ。虎さんとS師範の二人は本所吾妻橋の宿へ。着けばバタンキュウである。翌日は浅草観光と洒落込む。池袋へ戻り昼食御にジュンク堂書店へ。喫茶店で時間を潰し午後三時十分発の高速バスでイザ帰路へつく。歩き疲れもあるが楽しい二日間であった。