大会・講習会・演武会アラカルト(壱)  霜月【壱】

二ヶ月以上空けた更新。知人からは心配のメールが届く。心身共に以上はないのだがフェイスブックを始めた関係でブログの更新がおざなりに成ってしまった。此からは一ヶ月に二度ほどの更新を目標に頑張ろう。かな?。さて近況報告。3日はG県民体育大会〔空手道競技〕。大会は正選手5名・補員2名。5人編成の郡・市対抗の団体戦。メンバーの内、監督一人と選手5人はD館の選手。結果は惜しくも準優勝。まあ良く頑張ったねエールを送ろう。11日は高崎市民文化祭「美術名刀展」が日刀保・高崎支部の主催で開催された。会場は高崎市中央公民館集会ホール。虎さんが以前会員だった関係で毎年見学させて頂いている。古刀が特別重要刀剣・重要刀剣を含めて14振。新刀が8振。新々刀が8振。現代刀が5振。槍が8振。その他、刀装具・鍔・鎧・参考資料で全59点の展示と研ぎ・土置き・銘切りの実演等、企画満載である。旧知の方々と一年ぶりに再会し刀剣談義に花が咲く。楽しい一日であった。17/18日は武備舎宗師直伝講習会。甘楽系K流棒術・柄留め目録等の稽古。武備舎の講習会は通り一遍の講習会ではない。全ての技法を習得するまで稽古に次ぐ稽古で成り立っている。特に直伝講習会は口伝・秘伝々授を中心とした稽古会である。。途中退会者も多くいるが現在は師範会に残った方々で毎月稽古会を行っている。さて25日は広島県古武道振興会演武大会である。前日24日午前6時、自宅からS師範の迎えの車で高崎駅へ。新幹線を乗り継ぎ午後12時頃には広島駅到着。ここで新幹線「ひかり」に乗り換え一駅先の新岩国駅へ。駅前からバスに乗り錦帯橋へ。錦帯橋・ロープウェイ・岩国城入場の総合チケットを買い売り場に荷物を預け身軽になって錦帯橋を渡る。因みに錦帯橋を渡るのは無料ではありません。錦帯橋を渡り橋の袂で写真撮影。佐々木小次郎像でも写真撮影。勾配の厳しいロープウェイに乗り岩国城へいざ入城。場内の刀剣武具の展示に感激しながら見学撮影。天守から観る錦帯橋・岩国城下町・目の前に広がる瀬戸内海。絶景かな絶景かな。ロープウェイで下り岩国美術館へ。この美術館なにが凄いって古武具・古武器・武家文化資料等・物凄いものばかり。ゆっくり見学していれば半日は掛かる。後ろ髪を引かれながら美術館を後にする。あと吉川資料館を覗き甲冑と国宝の太刀を観る。さて後出のM師範がホテルへ着いたとのメールがあり急いで岩国を後にする。乗り継ぎもよく午後5時には広島駅へ着く。改札口で視たような人がいる。東京のS先生一行だ。意気投合して夜は明日の演舞大会の前夜祭と決定。午後6時半頃から広島の夜の街へ繰り出す。御神酒も進み武道談義に花が咲く。夜も更けて明日の演武が有るという事で解散。宿舎のホテルへ。ホテルの部屋に戻って虎さんの身に事件が起こる。さて続きは次回へ。フェイスブック「岩井虎伯」も暇なときに覗いてみて下さい。