テーマ:骨董市

骨董市 初霜月 弐

5日の火曜日、二ヶ月ぶりに骨董市へ行ってきた。世の中の不景気を反映してか業者の数も少なくウブ荷も少ない。時間稼ぎでダラダラと競りは進んで行く。欲しい物は無い。顔見知りの人達とアアデモないコウデモないと雑談が進むばかりである。午後の書画掛軸の競りで面白い掛軸を見つけた。数人の声が掛かったが会主が気を利かして寅さんに落としてくれた。落札値は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授雲月 四

さて4月30日朝、仕事の都合で帰らなければ成らなくなったI師範を送り出し、寅さんT師範・S師範三人で京都観光に出掛ける事になった。タクシーに乗り込み先ずは下鴨神社に行く。京都世界遺産に登録されている国宝の本殿二棟と重要文化財の社殿五三棟、「糺の杜」と謂われる平安時代以前の原生林。尊厳な雰囲気を備えた神社と杜であった。次は上賀茂神社に行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清和月 参

二十日ぶりの更新である。今月は叔父の葬儀後、何かと身辺が騒がしく知人の来訪やら電話での長話、雑用等が多くブログを書いている間がなかった。新年度と謂うことで会議や提出書類も多く何やらダラダラと毎日が過ぎて仕舞っている。また桜の季節故の花冷えの日々も多く続いた。桜花の上に雪が積もったりと、この様な気候の不安定な4月は数十年ぶりだと謂われる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎伯独言 奥の細道 其の八

先週の土曜日は寅さんの空手道場の昇段昇級審査会であった。受験者は小学一年生から一般まで50名ほど。午後6時から始まり午後9時までの長丁場であった。受験者はみな真剣な面持ちで審査に臨み黒帯取得の初段合格者は5名誕生した。今週の月曜日は骨董市へ行ってきた。今回はまあまあの掘り出し物に出会った。兜割・鉄扇・鈎付き分銅鎖・短冊形分銅鎖二本・掛軸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎伯独言 週刊雑記

先日、久しぶりに武友から電話があった。I県で夢○神○流居合の道場を開いているSN君である。寅さんより二十才ぐらい年下の友人であるが何時も武道談義に花が咲き、ついつい長電話になってしまう。何ヶ月か前に全剣連・居合道七段に合格したとの連絡があった。其のときは雑談しながらお祝いに以前から欲しがっていた隠し鎌をあげるとつい口を滑らして仕舞った事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎伯独言 骨董市 空手大会

先週の土日(5/6)は忙しかった。5日は朝から骨董市へ出掛けた。この日に限って暑い夏日になり、業者も客も茹だってだれていた。それでも寅さんは三時近くまで居たかな。骨董品も世の不景気を反映してか売れ行きも悪く、値段も半額から三分の一に下落している。余分な金が有れば買い得なのだが、そんな余裕も無いのが現実である。それでも寅さんは拵え付き在銘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎伯独言 鍔・居合抜刀

回数表示で書き始めて前回で参拾回になった。切りの良いところで今回からは回数表示はしないで記述内容をタイトルとして見たいと思う。昨日は朝から骨董市場へ行ってきた。朝は涼しかったのだが、9時過ぎには蒸し暑さが戻り会場は人が少ない割りに熱気に満ちていた(意味が違うか?)。商店等では二八と謂われ正月が終わった厳寒の二月と、梅雨明け後の熱帯夜と蒸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虎伯独言 壱壱 骨董市

5日の日曜日は朝からY氏の番頭と云う立場で骨董市場へ行ってきた。○木○古市は刀剣市が主体であるが午前中は成り行きと骨董道具類の競りを行い、その後は書画の競りに移る。昼食後が主に刀剣小道具の市場となる。今回は欲しい物(古武器・秘武器・刀剣・骨董類)が何もなく、書画の競りで宮本武蔵筆「布袋観闘鶏図」肉筆模写の工芸版掛軸が出たので落札(安かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more